緑化工法 土木 建築 舗装工事は姫路市の三木組

HOME > テクソルグリーン工法

テクソルグリーン工法 連続繊維混入による表土の造成 団粒形成で表土を再生!「根張り効果」で流出を防止

工法の概要

SF緑化工法(高次団粒構造の形成)とジオテク先端技術(連続繊維を混入)。高次団粒構造を形成した自然の表土を再生する<SF緑化工法>に、ジオテキスタイルの最新技術をドッキング。さらに進んだこれからの自然復元工法です。

自然の表土を再生し樹木による質の高い緑を復元

自然界において森林を形成している基盤“表土”は、永い永い年月を経て堆積したものです。 開発によっては裸になった法面に、連続繊維高次団粒工では、1年目からの樹林化を支える厚い層の“表土”を、植壌上の高次団粒構造の形成によって、自然に近い形で瞬時に再生します。

連続繊維を混入し表土の補強で法面の侵食を防止

自然の表土は、その形成過程に於いて、わずかに堆積した中にも、その量に応じた植物が浸入し、その“根”が表土の侵食や滑落を防止して、更に表土の堆積を促進し、質の高い緑“樹木”などの生育出来る厚い層の表土、成育基盤を造っていくのです。連続繊維高次団粒工では、その“根”に代わる連続繊維を施工時に混入し、基盤を補強します。

施工の概要

施工の概要の図

工法の開発を行ったのは株式会社彩光です。 全国SF緑化工法協会 〒105-0011 東京都港区芝公園2-2-17 TEL03-3434-1181 FAX03-3434-4850 株式会社彩光 TEL03-3434-4193